エアコンから水漏れする場合のトラブル解消法をご紹介!

室内機・室外機から水漏れする -故障かな?と思ったら-

Check1冷媒ガスの不足が原因で水漏れしている場合

主な原因

室外機のカバーを外し、配管に霜が付着していたらガス漏れの可能性があります

ガス漏れによって充分な能力が発揮できず、室内機内部に水滴が増え、その水が処理できずにこぼれるため、水漏れが起きます。

冷媒ガスの不足には主に4つの原因があります。

  1. 配管の亀裂によるガス漏れ
  2. エアコン移設の際のガス抜け
  3. 新規取り付け工事の際の施工不良
  4. 最初から定量のガスが入ってない初期不良

対処方法

故障かな?と思ったらフォーラムサービスへ症状をご相談ください

冷媒ガス不足の場合、ガス補充などで解決することがあります。
ガス漏れなど見ただけでは判断しづらいと思いますので、一度フォーラムサービスへ症状をご相談ください。

原因②や③の施工上の不良の場合、フォーラムサービスでお取り付けされたエアコンでしたら、保証期間外でもサポートさせていただきます。

原因④の初期不良場合は、直接メーカーへお問い合わせ下さい。

故障かな?と思ったらお気軽にご相談ください。

Check2室外機設置場所が室内機より上にある場合

主な原因

配管パイプのテープや断熱材が剥がれていると水漏れが起きます

配管パイプに雨などの水分がかかると、配管パイプを伝って水が下に降りてきます。

その際、配管パイプのテープや断熱材が剥がれていると、配管内部に水が伝わって室内に水が浸入し、水漏れが起きます。

対処方法

配管類を巻くテープを
新しいものに巻き直すか化粧カバーがオススメ

配管類を巻くテープを新しいものに巻き直すか、配管類をプラスチック製のカバーで覆う化粧カバーの設置がオススメです。

フォーラムサービスではエアコン取り付けの際、化粧カバーも一緒に設置する「化粧カバーパック」をオススメしております。

Check3室内機内部やドレンホースにゴミなどが溜まっている場合

主な原因

ドレンホースやエアコン内部がゴミ等で詰まると室内機から水漏れが発生します

エアコン冷房運転時は室内機内部に水滴が溜まるため、室内機内部にあるドレンパンで水を受け、 ドレンホースを通じて室外に排水をしています。

この排水のためのドレンホースや室内機内部がゴミ等で詰まっていると、水が逆流をしたりするため、室内機から水漏れが発生します。

対処方法

エアコンクリーニングで症状が改善することがあります

エアコン内部の汚れやホコリを除去する、エアコンクリーニングで症状が改善することがあります。
エアコンクリーニングをすると、冷暖房効率を上げると共に節電効果も期待できます。

当社ではエアコンクリーニングメニューも2種類ご用意しております。是非ご利用ください。

Check4ドレンホースを横引きしている場合

主な原因

ドレンホースが横引きだと中だるみが発生し水漏れを起こします

ドレンホースを横引きにしていると中だるみが発生し、垂れ下がった部分に水が溜まります。

水が溜まると空気が抜ける所がなくなり、行き場を失った空気に押されて室内機内部の水が正常に流れなくなるため、水漏れを起こします。

対処方法

ドレンホース内に水が溜まらないように勾配をつけて固定します

ドレンホース内に水が溜まらないように勾配をつけて固定すれば直ります。

蛇腹式のドレンホースの場合は中だるみが発生しやすいので、塩ビパイプに取り替えてみるのも手です。

勾配がうまく調節できないなどのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

故障かな?と思ったらお気軽にご相談ください。

Check5室外機から水漏れする場合

主な原因

室外機からの水漏れは正常な動作ですのでご安心ください

暖房運転時にも冷房運転時にも、配管などについた霜を排水するため、室外機からの水漏れは正常な動作ですのでご安心ください。