エアコンから冷たい風が出ない場合のトラブル解消法をご紹介!

エアコンから冷たい風が出ない -故障かな?と思ったら-

Check1冷媒ガスの不足が原因でエアコンが冷えない場合

主な原因

室外機のカバーを外し、配管に霜が付着していたらガス漏れの可能性があります

エアコンの機種に応じた適量の冷媒ガスが入ってないと、エアコンの効きが悪くなります。
冷媒ガスの不足には主に4つの原因があります。

  1. 配管の亀裂によるガス漏れ
  2. エアコン移設の際のガス抜け
  3. 新規取り付け工事の際の施工不良
  4. 最初から定量のガスが入ってない初期不良

対処方法

故障かな?と思ったらフォーラムサービスへ症状をご相談ください

冷媒ガス不足の場合、ガス補充などで解決することがあります。
ガス漏れなど見ただけでは判断しづらいと思いますので、一度フォーラムサービスへ症状をご相談ください。

原因②や③の施工上の不良の場合、フォーラムサービスでお取り付けされたエアコンでしたら、保証期間外でもサポートさせていただきます。

原因④の初期不良場合は、直接メーカーへお問い合わせ下さい。

故障かな?と思ったらお気軽にご相談ください。

Check2フィルターや冷却フィンにホコリやゴミが付着している場合

主な原因

エアコン内部に汚れやホコリが溜まると冷暖房効率が下がります

エアコン内部に汚れやホコリが溜まると、吸気口や送風口が塞がり、冷暖房効率が下がってしまいます。
そのため、エアコンの効きがよくないと感じることがあります。

対処方法

エアコンクリーニングで症状が改善することがあります

エアコン内部の汚れやホコリを除去する、エアコンクリーニングで症状が改善することがあります。
エアコンクリーニングをすると、冷暖房効率を上げると共に節電効果も期待できます。

当社ではエアコンクリーニングメニューも2種類ご用意しております。是非ご利用ください。

Check3室外機の周りに物を置いている場合

主な原因

室外機の周りに物を置くと熱の排出がうまくできず冷暖房効率が下がります

室外機の周りに物を置くと熱の排出がうまくできず、冷暖房効率が下がってしまいます。そのため、エアコンの効きがよくないと感じることがあります。

対処方法

スペースを空け風通しを良くします

室外機の周りを整理し、風通しを良くすることで解決することがあります。